本文へスキップ

吹田市茨木市大阪市東淀川区居宅介護生活支援相談訪問看護障がい者支援 社会福祉法人コミュニティキャンパス

各種事業所案内


育支
 ポピー    放課後等デイサービス 
       児童発達支援 合わせて定員 10名 @
 子供たちが、理解されない特性のため、怒られてばかりいる、怖く、苦しく、わけのわからないこの世界・・子どもたちがそんな風に認識して大人になっていく。ポピーでは、子供たちに、とても楽しく明るく、のびやかに生きてほしい「いやなものは嫌」といえる場所
 このゆびとまれ 自立訓練(生活訓練) 定員20名A
 
 利用期間が2年間という短期間です。この限られた期間を有効に使い、創作・運動・英会話・ワゴン市・リサイクル活動等、様々な活動をしています。2年後の卒業を迎えたら、地域にスムーズに移行できるよう、体験を重ねます。ダイビングや遠足といった個々のレクレーションも取り入れています。

就労

 コミキャン就労総合センター   B
  パン工房     就労継続支援B型  
  ウノ・ア・オトロ 就労継続支援B型 計定員25名 
  ゆびきりげんまん 生活介護     定員25名 
 メンバーさんに仕事の楽しさを教え、就労継続支援B型では時間をかけて進めていこうとしています。また、生活介護では、個々の個性によって支援を行いますが、運動を通して健康の大切さを学んでいます。
 ワークステーション・キャンパス       
   就労移行支援  定員10名 C   
 A型事業所とともに、ユニバーサル就労の拠点を目指します。個々の思いを尊重し、エンパワーメントによる働く意欲を引き出し、一般就労を目指します。リサイクル活動や団体行動を通じて、地域への貢献を行い意識の向上に努めます。ユニバーサル就労で一番大事なことは、チームを信じる力です。課外活動を通じて体力づくり、対話力の向上に努めてます。
 ポコポコ亭  就労継続支援A型 定員10名 D
 商店街のど真ん中にある食事処です。就労への道筋を二人三脚で行う支援を提供しています。





 第2コミュニティキャンパス 
   生活介護 定員25名 E  
 3つの自立生活を、利用者さんとともに考えながら、支援します。

身体的自立(健康維持・病気予防)
精神的自立(意思を引き出す)
経済的自立(金銭感覚を身に付ける。)
 ひなたぼっこ  生活介護   定員15名 F  
 温かい心のこもった関わり、利用者と職員が信頼し合える家庭的な環境づくりに努めます。一人一人の健康と安全に配慮し、安定した生活リズムを作り、楽しく充実した日々を過ごせるように支援します。
 ガンバコミキャン 生活介護  定員20人 G 
 利用者の持てる能力に着目し、その能力を維持しさらにできることを少しずつ増やしていけるように支援計画を策定し、実施していくよう努めます。利用者の生活を関係支援先とも連携し、日中及び夜間の様子を細かく把握し、毎日を安心して過ごしていただく場所を提供していきます
 吹東町コミュニティキャンパス   
 宙工房    生活介護     定員30名 H
 利用者さんのオリジナリティーが引き出せるように工夫しながら、個性を引き出せる作品つくりを目指す。障がい特性・年齢・能力・意欲などそれぞれの特性に配慮・尊重しながら、現在の体力や精神力の維持を図る。
  虹工房  就労継続支援B型  定員10名 H
 就労ヘ向かう前、生活習慣の充実を図りながら、社会のルールや決まり・マナーなどを日々の作業を通じて学び実践していく。地域の自治会活動に参加。
ご近所との挨拶を通じて、公園掃除や夏祭りに参加し、近隣住民とのコミュニケーションを図る。
 西河原コミュニティキャンパス
   生活介護        定員15名 I
   就労継続支援B型    定員10名 I
  
 西河原コミキャンは、自閉症に特化した事業所です。生活介護は、個別支援計画に基づき、一人一人の強みを活かした支援を行います。作業や活動を通じて社会参加できる機会を多くもつようにします。家庭菜園では楽しく芋ほり。養蜂もトライ。就労継続支援B型は、一人一人に合わせた環境や作業方法で仕事の向上を目指していきます。また外部での実習を行い、利用者に合った環境調整をスタッフが行うことで、成功体験を重ね、就労意欲の向上を目指します。
 橋の内コミュニティキャンパス 
   生活介護      定員15名  J
 クッキー・パウンドケーキを作り、物販も行います。また橋の内サロン(お茶会・音楽会など)を開催し、みんなで憩います。








 コミキャンサポートセンター         B
   一般相談(地域移行支援・地域定着支援)
   計画相談支援・障がい児相談支援 
   居宅介護支援  随時相談可能 
 当法人は(連)との経営統合により、高齢者居宅介護支援が増え支援内容が更に充実しました。特定相談支援では、疾病や障がいにより支援を拒否する傾向のある自閉的な方にも、丁寧なアプローチを心がけています。地域移行支援では、医師やソーシャルワーカー、大阪府立障がい者自立支援センターと連携し、地域の支援者と連携し協力し、退院後も安心して生活できるようにします。
 コミキャンヘルプサービス          B         
   訪問介護、居宅介護、行動援護、重度訪問介護
   移動支援いずれも随時支援の相談可能
 安心・安全・のわかりやすい支援を目指します。利用者のニーズの多様化に伴いサービスの目的を明確にして伝えます。人材育成にも努めます。
 訪問看護ステーションCON         B
    訪問看護  随時支援の相談可能
 疾病や障がいを持ちながら地域で日常生活が送れるように支援します。利用者それぞれの固有の症状や変化の観察とアセスメントにより、障害の症状に応じた支援の方法、疾患の特性について事業所への理解を促進しながら支援していきます。併せて介護保険対象高齢者の看護も行っています






援   
 茨木・吹田地区グループホーム
 コスモ   共同生活援助   定員27名 
 
 住居: そよ風、ひまわり、ハーブ、オリーブの樹1
     オリーブの樹2、リーフ、コスモサテライト、リーフサテライト 
 コスモでは、長期入院のかたや触法の方も、地域で安心して生活ができるように支援しています。またサテライトでは一人暮らしを希望する人や共同生活が苦手で自立度の高い方の支援を行っています。オリーブの樹では、高齢な人が多いので昼夜を問わず支援します。夜間憩いの場として「ともに」夜間巡回も毎日やっています。
 大阪地区グループホーム
 グループホームわかば 共同生活援助 定員14名
 
 住居: わかば、クローバー、そらまめ     
 安心して暮らせ、ぬくもりのある家庭的なホームを目指しています。週に1回みんなで一緒に食事し交流します。団地の掃除にも積極的に参加しています。

以下所在地情報


 

社会福祉法人コミュニティキャンパス

〒564-0036
大阪府吹田市寿町1丁目-6-10

TEL 06-6318-1505

FAX 06-6318-1516